木製食器用天然ニスの塗り方



  1 準備
 ほこりの無い室温20〜25℃位の部屋で作業して下さい。
(ニスの乾燥を良くする為に出来れば雨の日は避けて下さい。)
塗装面が乾燥した状態でお使い下さい。
刷毛はナイロン製の幅20〜30mmの工作平刷毛をおすすめします。


 2 下塗り
 ニスに刷毛を漬けた後余分なニスをしごき落とし、薄く一筆で木目方向に
塗り残しのないように素早く塗って下さい。
塗装後1時間ほど乾燥させた後、同じように2回目を塗り重ね一晩乾燥させて下さい。
(1回目の塗りは木の吸い込みもありゆっくりと塗れるのですが、
 2回目以降はアルコールニスのため塗面表層の乾燥は非常に速く、
 塗り返しや塗り重ねますと刷毛ムラが出ます。
 塗りムラ・刷毛ムラは乾燥後に1000番の研磨紙で擦って平滑にして下さい。
 また、塗り残しがあった場合は次回の塗り工程で修正します。)
ニスを希釈される場合は無水エチルアルコールを20%ほど足して下さい。


 3 上塗り
 一晩乾燥させてから下塗りと同じ塗り方で上塗りを1回して下さい。
乾燥時間は天候によっても変わります。触って指紋が付かなくなることが目安です。
塗膜を厚くしたい時、表面に艶をだしたいときは、
上塗りをあと2回ほど繰り返して下さい。
仕上げ塗りが出来ましたら、その後3日ほどかけ完全乾燥させてから、
木製食器などをお使い下さい。塗面に塗りムラやシミがついてしまった場合は
無水エチルアルコールを布などに浸み込ませ
塗装面をこすって頂ければニスをおとすことが出来ます。


 4 刷毛の洗浄
刷毛の洗浄は無水エチルアルコールで漬け洗いして下さい。
または、アルカリ性の固体石鹸でも、酸性のニスが石鹸の
アルカリによって中和され洗い落とせます。
刷毛はナイロン製のものがアルコールに強く、また洗浄も容易です。

        

(注)補修等でご使用の場合は、既に塗られている塗料の成分をご確認下さい。
合成樹脂塗料等の塗装面には天然ニスは不向きです。
このニスは天然樹脂から作っているため、塗装された食器に熱湯や漂白剤をかけられますと
塗装面が白っぽくなることがあります。

ご不明の点は事前に、メールまたはお電話にてお問い合わせ下さい。

カートを見る